疾 患                       アルコール性肝障害

アルコールおよびその代謝によって生じる過剰の補酵素(NADH)による代謝異常と、代謝産物のアセトアルデヒドの肝毒性により発生する肝病変です。肝障害を生じる条件として、基本的には、大量のアルコールを長期間摂取する事が原因となりますが、その量、期間に関しては個人差が大きいため、厳密に規定する事はむずかしい。

アルコール性肝機能障害*詳細はこちら
アルコールによる健康障害*詳細はこちら