疾 患                           逆流性食道炎

逆流性食道炎(胃食道逆流症)は、潰瘍や癌で胃の噴門部を手術したり、食道裂孔ヘルニアがあったときに起こりやすくなります。
これは、胃の噴門部の逆流防止機構が手術で無くなったり、食道裂孔ヘルニアによってその機能が低下してしまうために消化液が逆流しやすくなって、食道粘膜を消化して炎症を起こすためです。
日中の食後に顕著な食道内への酸逆流を認めます。
そのため特に食後の胃酸分泌を抑えることが治療上最も重要です。
内視鏡で診断します。
プロトンポンプインヒビター(PPI)を中心にした内服療法
が治療のポイントとなります。自分で出来ることは、腹式呼吸をして横隔膜筋力を鍛えることが大事です。


むねやけ 逆流性食道炎*詳細はこちら

ご存知ですか?逆流性食道炎*詳細はこちら

胸やけ・呑酸JP*詳細はこちら

New!逆流性食道炎の内視鏡診断*詳細はこちら



▲GERD GradeC

▲GERD GradeM

▲GERD-D