疾 患                        胃ポリープ・腺種

胃の隆起性病変で、粘膜の一部から胃の内腔に向かってとびだした腫瘤をいいます。形は、平盤状のもの、球状のもの、あるいは茎をもったものと様々です。
胃の小さなポリープはほとんどが良性ですが、大きさが2センチを超えるものや、表面が不整なものは悪性の可能性もあります。
基本的には過形成性ポリープと胃底腺ポリープです。
そのほかは特殊型 で、炎症性、遺伝性、家族性などです。
過形成性ポリープはほとんどの場合ピロリ菌陽性です。
胃底腺ポリープは色 調が周囲粘膜と変わらず、大きさも2〜3mmと小さいものが多く、胃体部を中心にできます。
基本的に文献上、 99%ピロリ菌陰性であるということです。
一般に症状は無く検診で偶然発見されることがほとんどです。
内視鏡による生検検査で良性と診断された小さなポリープは定期検査による経過観察だけで、治療の必要はありません。
大きさの増大傾向がみられたり、出血などの症状がある場合には、内視鏡的にポリペクトミーを行った方がよいでしょう。


胃ポリープ*詳細はこちら



▲胃体上部のポリープ

▲家族性ポリポーシス

▲幽門部のポリープ

胃ポリープ

胃ポリープ