疾 患                        痛風 高尿酸血症

尿酸は細胞中の核酸(プリン体)が代謝されて生じた老廃物で、主に尿中に排泄されます。
通常、血液などに溶けた状態で存在しますが、溶けにくい性質をもちますので、増えすぎると溶けきれない尿酸が結晶となって体内に沈着し腎障害などの悪影響を及ぼします。
痛風発作は「ある日突然、足の親指の付け根が赤く腫れ上がり、激痛をともないます」。
痛風のかげには必ず高尿酸血症が存在します。
血清尿酸値8.0mg/dl以上が続いた場合は、症状がなくても食事療法や内服薬による治療が必要となります。



高尿酸血症・痛風の自己管理*詳細はこちら

e痛風治療ガイド*詳細はこちら

豊島区池袋スポーツセンター*詳細はこちら

尿路結石を予防するために、こんなことにも心がけを!*詳細はこちら

New! プリン体と戦う乳酸菌 *詳細はこちら