疾 患
                          
          急性腸炎

上腹部症状を伴なう時は急性胃腸炎と呼びます。
暴飲、暴食、寒冷などの物理的刺激、大腸憩室炎、ブドウ球菌、病原性大腸菌、キャンピロバクター、ノロウィルスなどによる食中毒が原因となります。
その他感染症の部分症状として起こります。 
腹痛、下痢、しぶり腹、食欲不振、悪心、嘔吐。病変が下部に強い程下痢の頻度は多くなります。
基本的には、絶食、補液(水分の補給:点滴、スポーツドリンク)、整腸剤、漢方薬、場合によっては抗生剤の内服治療を施行致します。

ご家庭で行う処置としては必ず絶食にします。
そして脱水を防ぐ為「OS−1」、あるいはスポーツドリンクを人肌くらいの温度にして飲みます。
口渇感がなくなるまで飲んでかまいません。
下痢、腹痛、吐き気が改善されて本来の空腹感がでてきたら食事開始のタイミングです。
牛乳や油物は避けましょう。
ヤクルト、ヨーグルトは大丈夫です。「煮込みうどん」から食べ始めると良いでしょう。
嘔吐がひどい場合や高熱がある場合はなるべく早く消化器専門の医療機関を受診しましょう。

正しく知ろう!生肉の取り扱い(東京都福祉保健局)*詳細はこちら

知ろう!防ごう!食中毒*詳細はこちら

食中毒のお話*詳細はこちら

食中毒について*詳細はこちら

食中毒*詳細はこちら

経口補水液 OS-1 オーエスワン*詳細はこちら

乳幼児用イオン飲料*詳細はこちら

急性腸炎*詳細はこちら

下痢・急性腸炎*詳細はこちら

病原性大腸菌*詳細はこちら

New!! カンピロバクター食中毒予防について(Q&A) *詳細はこちら

腸管出血性大腸菌 *詳細はこちら

カキとノロウィルスの関連性とは*詳細はこちら

ノロウィルス食中毒のリスクについて*詳細はこちら

カンピロバクターによる食中毒にご注意ください(食品安全委員会  *詳細はこちら