症 状  

便が出ない

 症 状  

2009年当院において慢性便秘治療薬(ルビプロストン)の第相プラセボ対照二重盲検比較試験を施行し
2012
年に新薬「アミティーザカプセル24μgとして製造販売承認され後に販売されました。

当院で便秘型過敏性腸症候群の患者様を対象とした多施設共同二重盲検群間比較試験(第三相試験)を行いました(リンゼス)。
慢性的な便秘(硬い便やコロコロとした兎糞状便)で、腹痛や腹部膨満感をともない、女性に多い病気です。

便秘型過敏性腸症候群の治療薬リンゼス2017年(平成29年)322に発売され、その後慢性便秘症の効能・効果も適応されました。
水分を腸管内に持ち込む。腹痛が来ない。腹部膨満感を解消するなどの特徴があります。
また、体内に吸収されずにただ消化管内を通過して作用するので、肝臓、腎臓による代謝を受けない利点もあります。

2018
119に新薬「グーフィス錠5mg」として製造販売承認され後に販売されました。

2015年当院において、小児便秘症、成人便秘症においてポリエチレングリコールを主成分とした製剤の使用が推奨されていることから、日本小児栄養消化器肝臓学会からの開発願望があり、慢性便秘治療薬AJG555の第相プラセボ対照二重盲検比較試験を施行し、
2018
9新薬「モビコール配合内用剤」 として製造販売承認され、1130日に発売されました。

たとえ毎日排便していても、強くいきむ必要があったり、残便感があったりしてスッキリと排便できない場合には便秘といえるのです。
器質性便秘:大腸の形の変化を伴う便秘で、何らかの原因で便の通り道が狭くなったり、くっついたりしてしまうことで、便秘となる。
→大腸癌

大腸通過遅延型便秘:大腸のぜん動運動の低下や排便回数・量の減少で、便が腸内にとどまる時間が長くなり、便の水分吸収が進み硬くなることで排便がしづらくなる。
→極端な食事量の減少や食物線維不足など

便排出障害型便秘:排便の際に直腸に有る便を適切に排出できなくなることで便秘になる。

便秘型過敏性腸症候群、排便を我慢しすぎることで便意を感じにくくなる、筋力低下によりいきめなくなるなど。

New!腸から始める長寿生活 *詳細はこちら
イーベンnavi *詳細はこちら

便秘、腸閉塞、大腸癌、過敏性腸症候群


New! 腸内環境と健康 *詳細はこちらから

New! 肥満や病気に深い関係のある「腸内フローラ」の秘密 *詳細はこちらから

オリゴ糖の危険性 *詳細はこちら

内細菌*詳細はこちら

便秘ってなぁに?*詳細はこちら

おなかのはなし.COM*詳細はこちら
酵乳と乳酸菌*詳細はこちら

機能から見た腸内細菌叢*詳細はこちら

大腸内細菌叢の多様性解析とプロバイオティクスの機能*詳細はこちら

腸内細菌のあれこ*詳細はこちら

食物繊維の多い食品と含有量一覧表*詳細はこちら

腸は第二の脳である(
腸の不思議な話*詳細はこちら

便秘(クックパッド)*詳細はこちら

便秘と胃結腸反射*詳細はこちら

New! トリプトファンを多く含む食品*詳細はこちら

食物繊維を摂ろう *詳細はこちら

便の形状 *詳細はこちら

~脳と腸~ *詳細はこちら

腸内環境がとっても大切

乳酸菌研究最前線

New!
*腸内細菌が脳を支配する?サイコバイオティクスの発見で揺らぐ『自己』 
*詳細はこちら



▲回腸脂肪腫による腸重積

▲腸閉塞

▲結腸癌によるS状結腸軸捻転