症 状                        ドロドロ血液

「ドロドロ血液」の状態が続くと、血管がつまり易くなって血行が悪くなり、結果的に高血圧、動脈硬化、心疾患、脳血管障害、糖尿病などの疾患や老化の促進の原因となりかねないのです。健康にとっては、何よりもまず「血液循環」が大切。特に重要なのは毛細血管。末梢組織は、毛細血管でのガス交換、物質交換によって組織の代謝、活性を保っています。血液があるだけでは、身体の細胞の活動は維持できません。血液が循環して初めて、生命が維持されるのです。血液サラサラ食事の基本は、お(お茶)、さ(魚)、か(海草)、な(納豆)、す(酢)、き(きのこ)、や(野菜)、ね(ネギ)です。MCFANという測定装置で健診を行います。血液サラサラ検査をご希望の方は、東京女子医大消化器病センターの同門である栗原毅先生(元東京女子医大教授、栗原クリニック院長)をご紹介いたします。

血液サラサラにする食品*詳細はこちら

血液サラサラ*詳細はこちら

血管しなやかねっと*詳細はこちら