疾 患                           肺 炎

臨床的な便宜上、市中肺炎と院内肺炎に分けられます。
前者の死亡率が5〜6%であるのに対して院内肺炎は20〜60%と極めて高いのが二つに分ける最大の理由です。 
咳、痰、発熱、ときには呼吸困難を伴います。安静、栄養に配慮し、抗生薬を中心にした治療を行います。

肺炎球菌ワクチン:現在2種類あります(呼吸器学会、感染症学会)

プレベナー(PCV13:沈降13価肺炎球菌結合型ワクチン)を先行投与した場合、
ニューモバックス(PPSV23:23価肺炎球菌ポリサッカライドワクチン)は
6ヶ月経過をもって可とする(PCSV13の記憶が残っているところにPPSV23を打つことにより、13価の血清型についてはブースター効果により抗体価が増加する)。

ニューモバックスを先行した場合、プレベナーは1年以上経過して接種可能(PPSV23→OCV13の場合その後にブースター効果を期待してPPSV23を打つことが推奨)。

肺炎-ウィキペディア*詳細はこちら

すぐ禁煙*詳細はこちら

ウィキペディアRSウィルス*詳細はこちら



肺 炎

ニューモシスティスカリニ肺炎