疾 患           メタボリックシンドローム

肥満症高血圧高脂血症糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、「肥満」特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満といいます)が原因であることがわかってきました。
このように、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を『メタボリックシンドローム』といいます。
放っておけば、ドミノ倒しのように高血圧症や糖尿病や高脂血症を発症し、ひいては心血管病を引き起こします。
つまり動脈硬化のハイリスク状態であるといえます。
CTスキャンによる内蔵脂肪測定は豊島健診センターに依頼しています。
自費扱いで3、150円(税込み)、検査時間は「5分」です。ご相談下さい。

e-ヘルスネット:メタボリックシンドロームとは  *詳細はこちら

BMR(基礎代謝量)計算ツール*詳細はこちら

BMIと肥満度を計算してみよう *詳細はこちら

やさしい筋肉学*詳細はこちら 

豊島健康診査センター*詳細はこちら

豊島区池袋スポーツセンター*詳細はこちら

アディポネクチン(ウィキペディア)詳細はこちら

体幹トレーニング*詳細はこちら

New! あすけん *詳細はこちら
(栄養士のアドバイスが無料で受けられるダイエットサポートサービス)